モデリング 相関関係と因果関係

 

サトシです。

今日は成功者のモデリングをする際に、
大事な相関関係因果関係についてです。

 

成功者のモデリングの際には、モデリング対象が
Aという行動をしたらBという+の結果を得ているポイント
をしっかりと抑える必要があります。

 

その際にごっちゃになるのが相関関係因果関係。

 

モデリングをする時に必要なのは、
AをしたらBになる。
A(原因)→B(結果)の【相関関係】であって、

Bの状態だからAをする。
B(結果)→A(行動)【因果関係】は必要ありません。

 

例えば、
長財布を使う人は成功する。とか
年収は財布の値段に比例する。とか
将来成功する人はファーストクラスに乗っている。とか
募金をする人は成功する。とか。

 

出版社が販売数を伸ばす為に、
自己啓発書のキャッチコピーによくありがちなのですが、
これらは典型的なB→A。

 

成功するための方法では無く、
成功しているからやっている事。であり、
いってしまえば成功者の方便(ウソ)です。

 

長財布を使えば成功するわけでも、
ファーストクラスの乗っているから成功したわけでも、
募金したから成功したわけではありません。

 

成功の為には、
もっと別のA(原因)→B(結果)が存在している訳です。

 

その部分は、
もっと泥臭かったり、明文化しにくかったり、
内緒にされたりで世に出回りにくいものです。

 

B→Aに騙されずに、大事なA→Bをしっかり見極める。

 

モデリングする際に、
大事な相関関係と因果関係についてでした。