政府の方針で副業解禁!いつから?サラリーマンこそ副業ネットビジネスで稼ごう。

%e5%89%af%e6%a5%ad%e3%83%bb%e5%ae%b9%e8%aa%8d

 

未だ日本では副業を禁止している会社も多いですが、

 

2016年12月、日本政府の方針で会社員の副業を禁止
している会社にたいして原則副業容認するように。
という政府方針を打ち出しをしています。

 

政府が正社員の副業・兼業を後押ししていると言うことです。

 

私はこれには大賛成で、本来対等のはずの
労、使の関係において副業禁止規定には
反発するところがありました。

 

なにかを禁止するという行為は、
本来は簡単に行って良いものではないはずです。

 

本業に支障をきたさなければ、
むしろ副業から学ぶ事は多いと思っているからです。

 

あくまで国の方針なので、強制ではないのですが、
基本的にはこの流れは、大企業から順次原則副業禁止
から原則副業容認という形で受け入れられ、
日本の労働形態の標準となっていくと思います。

 

そういった政府の方針より先駆けて、
大手の企業でも、
・起業家精神をもってほしいとか、
・幅広い視点を持ってほしい
の理由で副業を積極的に推奨している会社も
どんどん出現していましたし、
副業解禁というのは自然な流れなのだと思います。

 

日本の場合は高齢化社会に入り、
労働人口が減少していく訳ですが、
それ以上にIT、ロボット産業の発達により、
人の働く場所は減って行くと予想されています。

 

オックスフォード大学発表のデータでは技術革新や、
ロボット技術の普及で今後20年の内に約47%の人
仕事がなくなるというデータを算出している位です。
null

そういった時代背景の中で、働きたい人数の
雇用を国がフォローする事が事実上不可能になる
未来に備え、企業側に柔軟な対応を求めての今回の
方針決定なのだと思います。

 

なので、雇用の減少に対して、
日本国民一人一人が危機感を持つ事は私は大事だと思います。

 

確かに経済大国の日本国内であれば今まで通りに
生きても一定水準の豊かは今後数十年は続くのだと思います。

 

それでも、時代の先を読み行動する人と、
現状維持の人の経済格差は確実に広がって来る(富の2極化)
と思いますし、時代の動向を追わずに、
後になって、不平不満をまき散らすような
人にはなりたくない。

 

能力の高い人は今以上にどんどん稼ぐし、
古い考えの人や勉強しない人は
ワーキングプア候補生になっていく。
でも、これが自然な事なんだと思います。

 

副業解禁の流れをしっかり政府が作って
くれているので、そのチャンスをしっかり
自分のキャリアプランに活かすべきだと思います。

 

今一度現状の自分の収入、環境に満足しているのか
どうか自問し、
満足しているのであれば、それで良いですが。
満足していないのであれば、なにかを変える必要があります。

 

 

会社にいる内にサラリー収入とは別の副業ネットビジネス収入を得よう。

 

副業解禁の前までは、副業という魅力的な
響きの中に社内規約違反というリスクがついて
回っていましたが、副業解禁により、

本業という経済的基盤をしっかり持ちつつ、
副業という収入増の選択が出来るようになりました。

 

副業が自由に行える時代において
是非皆さんにお勧めしたいのが、
副業でのネットビジネスです。

 

ネットビジネスはグレーな分野だからこそ
大企業が参入してこれず、
個人でもサラリー収入では想像も出来ない
レベルで圧倒的に稼ぐ事が出来るビジネス分野です。

 

私が提唱するのは一億総起業家世界なのですが、
皆さんにはまずは、会社員でありながら
副業ネットビジネス家という最強のスタイルを
実現してほしいと思っています。

 

メルマガでは、
ネットビジネス、アフィリエイト、幸せに成果を上げる方法
学びをお金に変える技術について情報発信しております。
是非登録して、学んで下さい。(^_^)