web集客方法としてのコンテンツマーケティングについて

web集客方法としてのコンテンツマーケティングについて
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84

 

Webの集客(マーケティング)においても様々な方法がありますが、
ランチェスター理論でいう所の弱者である以下の方
・アフィリエイター
・中小企業のマーケッター
・店舗、ネットショップの運営者

はwebのコンテンツマーケティングを極める事が一番の
マーケティング戦略になると私は考えています。
あと、それプラス、一応SEOマーケティングについても触れておきます。

 

コンテンツマーケティングとは
価値のある情報や面白い情報等。
人々の需要があるコンテンツを制作し、集客するマーケティング方法。

対してSEOマーケティングとは
情報、コンテンツの質の程度に関わらず、webコンテンツを
検索上位表示させる方法。

 

この2つのマーケティング手法の関係性は
① SEOマーケティングとコンテンツマーケティングは
まったく逆のマーケティング手法
と捉える方もいれば、

② コンテンツマーケティングはSEOマーケティングの中のひとつ
のマーケティング手法
であるという2パターンの捉え方が有ります。

私はどちらかというとの考え方に賛成で、

加えて言うなら
現在グーグル社は検索順位の決定の際にwebコンテンツの質を
重要視すると表明しています。
SEO対策は悪く言えば、グーグルの検索エンジンを意識し、
欺く手法であるが故にSEOマーケティングは今後通用しなくなる
マーケティング手法と言われています。

そして
今後はコンテンツマーケティングが検索上位施策となるわけですから、
SEOマーケティング=コンテンツマーケティング
という考え方にシフトしてくると考えています。

 

なので、web集客を考えているのであれば

少しづつで良いのでコンテンツ(記事、動画etc)作りをはじめましょう。
ひとつのコンテンツ(記事、動画etc)の集客効果はさほどではなくても、
それを1年、3年、10年。10,1000,1000,10000と積み上げていくと、
他者が追随できない、ライバル不在のマーケティングコンテンツが
出来上がっています。

 

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」
イチロー
%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84

 

 

コンテンツはどこから。自分の脳or成功者の脳をパクる
%e6%88%90%e5%8a%9f%e8%84%b3

 

コンテンツ is king と呼ばれる程重要なコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングにおいて、
肝心のコンテンツはどこから創出するのかについての記事です。

 

それはもちろん自分の脳から絞り出す事が一番です。
自分の今やっている仕事、趣味、人生の中で一番時間を掛けている事、
何でも良いので情報コンテンツ化していきます。
まずはブログ運営が適した媒体だと思います。

 

自分の中で情報発信するようなコンテンツがないのであれば、
それは完全にインプット不足。つまりは勉強不足です。
ただ、そんなあなたにお勧めな方法は、
まずは成功者の脳をパクる事をして見てください。

 

パクるというと聞こえが悪いのかもしれませんが、
本を読むという事です。

 

成功者の脳は、
近くの書店で買える一冊たかだか数千円程度の本の中にギューっと凝縮されています。
これほど費用対効果の高い物を私は他に知りえません。

 

その本を一冊買うだけで、
成功者の考え、コンテンツを吸収することが出来ます。

 

営業、マーケティング、経営、専門書なんでも良いです。
自分の興味の湧く分野というのが一番大事です。
(私のお勧めはマーケティング関連の本です。)

 

本ってアウトプットを意識して読むと、本当に情報コンテンツの塊なのです。
最近は本をあまり読まないという人もアウトプットを意識して、
再度本を読むことを再開してみて下さい。

 

ただし、
自分自身がその知識をそっくりそのまま吸収するのは良い事ですが、
情報発信する際のコピペはNGです。
リライトも倫理的にも、効率的にも私の中ではNGです。
(リライトする位なら自分の言葉で発信した方が早いです。)

 

あくまで、自分自身のフィルターの通して、
オリジナルのコンテンツとしてを発信していきます。
要約、感想、気付き
なんでも良いので、記事としてまとめて行きます。
文章から引用する場合には引用元を明らかにするのがルールになります。

 

再度言いますが、自分の興味の湧く分野である事が大事です。
興味のある分野の事を学べて、情報発信で収入も得れる。
コンテンツマーケティングで
学びを収入に!がこのブログの要旨です。

 

仕事において、『収入』、『人間関係』、『やりがい』、『成長』
どれを優先順位1位にすると聞かれて
迷わず「自己の成長」と答える方向けの最適なマーケティング手法が
コンテンツマーケティングだと思っています。

 

コンテンツのキャッシュポイント。
学びを収入にする方法については、また別の記事でお教えします。

ブログを更新していく時に、コンテンツを作って行く時に
今日は何を更新しようと思い悩む事はあることです。

 

①ブログのテーマに対して知識が足りない
②ブログのテーマが固まっていない。

 

大きく分けてこの2つの状態の時に、ブログ更新の手が止まりやすくなります。

 

①の知識不足
ついて言えば、圧倒的にインプット不足、学習不足ですので、
本を読んだりして、学ぶ事でしか解決できません。
(このブログでも、お勧めの書籍や、オーディオブック情報や効率的な
学習方法等も更新して行きます。)
学んだ事を、少しづつ更新していく事をお勧めしています。
(好きな事や得意な事を書いていれば知識不足は起こりえないと思いますが)

 

②のブログのテーマが固まっていない。
という事に関しては、ブログのテーマ選びは非常に大事になるので、
早めに固めた方が良いです。
(テーマが固まる前の段階としてなんでも良いので、
記事を書き続ける、テーマは自ずと、決まってくると言う時期も
確かにあります)

テーマが決まってないと。。
・テーマが広すぎると、訪問客のアクセスの目的がしぼりづらく、
更新するべき記事テーマが漠然としすぎてて集中力が続かない。
・テーマが狭すぎると、ネタ切れで更新頻度が落ちる、続かない。
・テーマを途中で変えると、今までのブログ読者さんが???
となって離れていってしまいます。

 

デメリットはかなり大きいです。

 

私のブログもテーマタイトルが2転3転しブレていました。
原因としては、検索需要があるテーマを決めなければ
行けないと思い過ぎていた事によります。

 

「学びをお金に変える技術」とか「コンテンツマーケティング」とか。
確かにこれについての記事は10記事程度かけますが、
私の現在の知識では10記事程度が限界の為、
書きつくしたら、自然と次のテーマに目移りしていました。
私の中では、これらはどちらかというと10記事程度書いて、
記事をひとつにまとめて、コンテンツにするべきものなんだと気づきました。

 

つまり、テーマを絞りすぎていた。と言う事。

 

テーマを決める時のお勧めはPPAPを参考に3つを掛け合わせるです。

PPAP、ピコタロウはアップル×ペン×パイナップルで、
パイナーポーアッポーペンを作り出しました。

 

個別、単体で見れば、ありきたりの物ですが、
3つを掛け合わせる事で、唯一無二の物を作り出すことが出来ます。

 

こうやって自分の専門分野を作り、創出し
1つの分野で突き抜けることが出来れば、ブログのアクセも向上してくる
と考えています。

 

私の好きなユーチューブ動画に安藤美冬さんという女性起業家の動画があります。

 

その中で、100人中の中で1位になれる分野を3つ持てば、
100×100×100=1000000
100万人の一位になれるという考えを話しています。
ネタ元は藤原和博さんの著書との事↓

私もアマゾンで早速購入しました(^_^)

 

オーディオブックのFebeでも取り扱いありました↓
耳で読む本、オーディオブック 「本を読む人だけが手にするもの」― 藤原 和博 配信中!