暗号通貨 フィンテック、ビットコインとは?投資案件?

暗号通貨 フィンテック、ビットコインとは?投資案件?
ビッドコイン

ファインテック系について消費者庁関連より注意喚起が来ています。

【注意喚起】↓
——————————————————————-
最近暗号通貨関係で問い合わせが多い案件です。
弊社では全く推奨しておらず、詐欺案件の可能性が高いので勧誘を受けたり参加を検討している場合はご注意ください。

①ノアコイン
新しい仮想通貨で主にネット広告と口コミでの勧誘活動が活発化しています。
有名アフィリエイターを広告塔に起用していますが、技術開発の実態はないと思われます。
また、カルダノセミナーで登壇した泉忠司さんが販売活動されているのでカルダノ購入者への販売が多数確認されていますが
カルダノとノアコインは技術面でもマーケティングでも関係は一切ないのでご注意ください。
カルダノ交換窓口のアテインコーポレーションも注意喚起しています。

②HYPE案件(ビットリージョンやD9など)
「1日○%」という高利回りを謳う投資案件です。紹介すればコミッションが発生するネットワークビジネスの場合が多いです。
昔からよくあるネズミ講と同じ自転車操業のビジネスモデルで破綻することが前提で、実際短期間で破綻している案件も非常に多いです。
事例を挙げればきりがありません。無自覚でも紹介すると詐欺に加担してしまう恐れもありますので気をつけてください
被害が出た場合に、またしても「ビットコイン=詐欺」というイメージが助長されることも懸念されます。
一人でも多くの詐欺被害を防ぎたいという想いから今回の注意喚起とさせていただきます。
————————————————————————

注意喚起ここまで↑

 

以前、

私の所にも暗号通貨、フィンテック、ビットコイン、カルダノ等で
紹介案件が来ていました。その時の紹介文がコチラ↓

 

ここから↓
——————
フィンテック、暗号通貨の無料講座にお申し込みいただき、
ありがとうございます。

この動画は、時価総額1000億円を突破したイーサリアムという暗号通過を作った
天才数学者のチャールズ・ポプキンスが、蝶乃舞さんの18億円マンションに
遊びに行った時に、

塾生のためにオリジナルの動画教材を作ってくれない?
の一言で始まりました。

チャールズが英語で説明してから翻訳すると、
英語アレルギーの人が難しく感じてしまう、
という理由で、私、佐々木が動画を作らせていただくことになったのです。

私とチャールズ・ホプキンスは、今、エイダコインという新しい
暗号通過を作っているビジネスパートナーです。

暗号通貨の本も出版しており、知識の少ない日本では
私が最も暗号通過に精通していると自負していますし、
チャールズとは毎日のように打ち合わせしていて、
高騰するコインと、価値の上がらないコインの
微妙なアルゴリズムにも、誰よりも精通しています。

Bitcoinという暗号通過は、最高120万倍になりました。
100円が1億2000万円になったってことです。

時価総額ランキング2位のイーサリアムは、
チャールズが立ち上げたものですが、
始まったばかりで60倍になり高騰し続けています。

そのチャールズが新しく作るエイダコインを、
私が一緒に手がけているというわけです。

そんなわけで、ちょっと難しいかもしれませんが、
最後まで勉強してみてくださいね。

1.ズバリ!今流行のフィンテックって何?
→ http://s.notresouhait.com/ft/crd/

続きは順にお送りします。
件名に【暗号 と入っているメールをわかりやすいように
フォルダ分け、ラベル分けしておいてくださいね。

————————

ここまで↑

 

正直、今でもこの暗号通貨 フィンテック、ビットコインについては私は詳しく理解出来ていません。
この案件のカルダノが詐欺なのか、詐欺でないのかもすら・・。
今までにない新しい通貨でいて、電子マネーといイメージは持っていますが・・・。
基本的には理解できないものには手を出さないというスタンスでいる為、
一切私は被害を受けることが有りませんでした。
皆さんも暗号通貨 フィンテック、ビットコインについては注意して掛かる必要がありそうですよ。