【アフィリエイトコーチング】20:80の法則

【アフィリエイトコーチング】20:80の法則

 

 

今日はアフィリエイトにおける2割の力で成果を上げる方法について書きます。

 

 

アフィリエイトで楽に成果を上げるには、20対80の法則を理解することがかなり大事です。

 

 

20対80の法則とは、『ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。この20対80の法則は様々な事象に当てはまる。』という理論です。

 

 

20対80の法則についてはガチに一度関連の書籍を読むことをお勧めします。

 

 

簡単に言ってしまえば、成果につながりやすい2割の作業に力を注ぎ、成果に結びつきにくい8割の作業はやらないと言う事なのですが。

 

 

アフィリエイト作業でもこの2割の作業量で8割の成果を取りに行くような考えが必要です。

 

 

逆に言えばアフィリエイトの作業の8割は、成果にはあまり結びつかない作業になります。
(2割の成果には結びつきます)

 

 

成果とは縁が遠い8割の作業とは、

 

 

テンプレートの設定に凝ってみたり、
記事のレイアウトに凝ってみたり、
ひとつの記事を作り混んでみたり、(質を意識するのはかなり大事でも、まずは量。量が質に転換するイメージ)
ヘッダー画像に凝ってみたり、
相互リンク依頼に時間を掛けてみたり、
ライバルサイトを偵察したり、
etcです。

 

 

まったく成果に繋がらないとは言いませんが、変に凝ることは、エゴとゴールを一緒にしないの項目でも述べましたが、成果には結びつきにくいものです。

 

 

ではアフィリエイトにおいて8割の成果を上げる2割の作業とは?

 

 

それは、ずばり『キーワード選定』『記事を書く』作業です。

 

 

※記事が溜まってくればキーワード選定(リサーチ)がメインになります。

 

 

アフィリエイトの一番のボトルネックであり、言うなれば、“ボーリングのセンターピン”

(ボーリングで、センターピンさえ倒せば、最低でも7本くらい倒れてくれますよね。)

 

 

 

アフィリエイトの収益は、記事の質×量です。

(※つまり100点の記事を3記事作るより、50点の記事を10つ書いた方が稼げます。)

 

 

 

キーワードを選定し、記事更新に力を注力し、習慣化する事がお金を稼ぐことに直結し、一番収益が伸びていく一番リターンが高い作業なんです。量は必ず質に転換します。これは間違いないです。

 

 

 

無駄な作業を極力カットし、最短で最大の報酬を目指す為には、とにかくキーワード選定と記事更新に力を注力して下さい。

 

※記事が溜まってくればキーワード選定(リサーチ)がメインになります。