アフィリエイト作業は痔や腰痛になりやすい【アフィリエイトコーチング】

アフィリエイトに痔は付き物。椅子環境の見直しとボラギノールは必須

アフィリエイトをしているとどうしても座っての作業が多くなってくるので、お尻周りの血流が悪くなり、痔や腰痛になりやすいと思います。

 

 

そういう管理人も痔になってしまいました(>_<)肛門周りに軽い腫れと、イボ痔っぽい感じです。病院には中々に行く勇気がいるので、なるべく自力で改善しようとしています。

 

まず、作業環境を見直してみました。
対策①負担が最大限軽くなる理想的な椅子の高さを算出。

管理人の以前までのスタイルは、椅子が高すぎて、足裏がしっかりつかない為、自然とお尻のほうに体重が掛かり血行不良を起こしていたようです。図を参照に座高の低めの椅子を購入して、負担を軽減し、現在良い感じです(^_^)

 

 

次に血液循環を意識して、対策②お風呂でのマッサージとジョギングを生活の一部に取り入れました。特にジョギングについては、痔改善以外にも様々な効果が期待出来る為、これまた良い感じです。

 

 

最後に対策③治療の為のボラギノール(結局これが最強!)

ボラギノールには注入軟膏、坐剤、軟膏と3種類があります。

 

坐剤は肛門の内部に効果がありますので切れ痔、内部のイボ痔用軟膏は肛門外側に効果が有りますので、イボ痔や肛門周辺の痛み等に効きます。注入軟膏は、両者兼用といった所です。

 

さらにミドリの箱と黄色の箱がありますが、軽度の症状の場合は緑色、重度の症状の場合は黄色を進められますので、まあ黄色を選んでおけば間違いはないと思います(^_^)

 

 

この対策3本の柱で痔と言う強大な敵に打ち勝ちたいと思います(^_^)
強大な敵

追記
東京理科大の原田茂教授が、開発した重度の痔が一週間程度で治る方法があるそうです。
肛門を締めたり開いたりする肛門括約筋というのがありますが、それを引き締めたり力を抜いたりする運動を一日100回程度行なうと簡単に痔が治るとのことです。当然管理人も実践しています。

 

 

ネットビジネスに痔は付き物。椅子環境の見直しとボラギノールは必須

アフィリエイト、ライターは痔になりやすい?

痔

 

 

アフィリエイトはになりやすい?

はい。私、になってしまいました(>_<)
ネットビジネスはどうしてもパソコン作業が置くなり、椅子に座る時間が多くなります。しかも本業のサラリーマンの仕事の方も最近は管理職の仕事が増えて、パソコン作業が 増えており、なるべくしてなったのですが(-_-;)やはり病院には行きたくないものです。

 

ネットビジネス、アフィリエイターの方は結構同じようなお悩み多いでしょうね(>_<)

 

ボラギノールAを軟膏タイプとロケット形状の奴を購入しました。
boragino-ru

軟膏は塗ればよいのですが、中に差し込むタイプのボラギノールは本当に不思議な感触を味わっています笑。

 

 

ただ、根本の生活習慣を直さないと直るものも直らないと思いますので、

●お尻を清潔に保つ
●運動する
●椅子の座る時間を極力減らす。←ここですよね。

を気をつけたいと思います。

 

 

一応椅子に座る時間については、ここ数ヶ月がネットビジネスの作業量のピークだったと思います。報酬向上に伴い、作業で価値が無いものを一斉にカットし作業時間が改善していますので、良い方向に向かってくれる事を祈ります(^_^)

 

 

丸い穴の付いた痔用のクッションも買おうかな~(>_<)

アフィリエイト、ライティングのスタイルを立ちデスク、スタンディングデスクに変更

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

さて、パソコン作業が多い管理人が最近の悩みはパソコン前作業時間の増加による、腰痛と痔です。(>_<)

 

 

これは共に集中力を奪う、デスク作業が多い人には大敵の病だと思うのです。

 

 

そこで、管理人がフト思ったのが、立って作業すればいいんじゃね。

 

 

って事です。

 

 

腰痛とも、痔の悪化ともおさらばです。

 

 

2016/10/25追記
今の所立ちデスク、3日間続いております。確かに足の疲労感は残りますが、集中力は続きますし無駄なネットサーフィンも減ったし、ダイエット効果もあります。

 

 

何より痔がかなり治ってきました。立ちデスク、スタンディングデスクは今後も続けて行きたいと思います。何か効果の進展があれば、このページもしくはブログ内で公開します。

 

 

思い立ったら行動の早い管理人は、今置いているパソコンテーブルにカラーボックスを置きまして、即席の立ちデスクスタンディングデスクを製作しました(製作って言うほどではないですが、置いただけですからね)

 

 

だいたい床下から100cm位の高さです。

 

 

使ってみるとこれが、結構いい感じです。(^-^)
背筋も伸びているし、パソコン作業の集中力もかなり上がりました。

 

 

やり始めて5分ほどで足の裏の痛みを感じ出したので、仕舞い込んでいた(笑)薄めのヨガマットを2つ折にして足元に引く事で足の疲労も緩和されて30分位は余裕で作業できます。

 

 

さすがに1時間を越えてくると疲労感も溜まってくるのですが、おそらくやっていく中で慣れるというか、鍛えられてくると思うので、一石2鳥です。(^-^)

 

 

人間が変われるのは、「立って何かをした時だけ」です

 

 

で色々と立ちデスクについて調べてみると、欧米では国家レベルで推奨しており、急速にスタンディングデスクが普及しているとの事日本でも厚生労働省の指針で立ち作業を推進しているとの事です。

 

 

今広がりを見せている分野なのですね。。

 

 

確かに米国がん協会が、18年間に渡り12万3000人を追跡したところ、1日6時間以上座っている人の死亡率が高いことが分かっていますし、20万人以上の被験者を対象にした別の研究では、1週間に最低5時間以上運動をする活動的な人でも、長時間座っていると死亡率が高くなることが分かっています。ある会社が実施したテストでも、スタンディングデスクによって、生産性が最大で10%向上していました。

 

 

歩きながらパソコン作業。ここまではしたく有りませんが↓
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af

これは結構あこがれるかな↓
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%92

最終的にはこういった電動で昇降できるテーブルがほしいなとは思います。
めっちゃ高そうですが・・・。

 

結局病院に行きました

 

 

 

それでも、半年位まではパソコンに座ってアフィリエイトを行っていた時期もあり、の誘発リスクはかなり高い状態だったと思います。

 

その当時からちょっと痔なのかなと感じる症状を引きづっており、市販薬を色々と試しても症状が良くならず「痔ろう」とかになると完治が難しくなると聞いていたので、今回思い切って肛門科にいって診察を受けてみました。( ゚Д゚)

 

今回は私の肛門科診察記です。笑
アフィリエイトにとっては有益な情報は一切有りませんので、興味なければ読まなくても良いですが、アフィリエイト作業時間が長めの方は痔になる確率はかなり高いと思いますので、注意してください。。

 

 

 

では、やはりお尻、肛門を人に見せるのはかなりの心理的抵抗があり、病院に行く前にシャワーを浴びて、まるで初夜を迎える乙女のごとく体周りを清潔にして病院に行きました。(>_<)

 

 

病院自体は近場で、胃腸内科と肛門科である程度有名な所を選定しました。

 

 

15人位待合室で外来患者さんが待機している中で、病院の受付で看護婦さんから「今日はどうされました?」と聞かれ私は「痔だと思うんですけど・・・」と答えざる得ない感じがちょっと情けなかったです。まあ、看護婦さんも、外来さんもまったく日常の出来事で気にはしていないでしょうが・・。

 

 

回答の選択肢としては「ちょっと肛門を見てほしくて」という回答もあったのですが、これの方が絶対おかしいよな( ゚Д゚)と寸前で思いとどまり、上記に至ります。

 

 

待ち時間は1時間程あり、相変わらず日本の医療の待ち時間はの長さは・・・と毒ずきながらも、肛門診察時の体位(恰好)はどんな感じなのかモンモンと想像してました。

 

これだったら最悪と思った 第1位↓

 

 

やっと、待ち時間が終わり先生の問診が始まります、先生はかなり年配の男の方で、なんかホットしました。(・・)
年下っぽかったり、まさかまさかの女性とかだったらやっぱり嫌だし。まあ看護婦さんはいましたが。

 

 

2,3の問診が終わり、すぐに診察になり、隣の仕切りの部屋に通されて、看護婦さんの言われるままの恰好になります。

 

 

結局こんな恰好でした。↓

色々と恰好を想像する中で、一番恥辱の少ない恰好で良かったです。

 

 

診察の過程で、何かを肛門に挿入されました。おそらくこれでしょう↓

2本。短めの奴と、長めの奴をさされたのですが長めの奴を刺されて、拡張された時はかなりの激痛が走りました。それでも3秒位ですが・・・。

 

 

結局診断結果としては、『まあ、特に問題はありませんよ』という事。

 

 

はい、結論ただの私の思い過ごしでした。(T_T)/~~~

 

 

肛門見せ損でしたが、心配の種が減って良かったです。。

 

 

アフィリエイトで成果が上がらないうちには嵌ってやってしまいがちですが、効率化を図り、なるべく作業時間を減らす方向にしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

アフィリエイト脱却コーチング、コンサル

 

 

ひとりでコツコツはもう嫌だ!なぜ、元対人恐怖症アフィリエイターコーチ、コンサル起業出来たのか?「年収を自分で決めれる人になる方法」

 

 

 

サイトご訪問ありがとうございます。

 

 

 

元アフィリエイターで現在は「自分の可能性を信じる全ての個人が、マイビジネスを通して、望む年収、望む未来を実現する為の手助けをする」をミッションに普及活動をしています。

 

 

 

普段はコチラのサイトで、起業コーチング、コンサルサービスを提供しています↓

URL:https://www.t-mental.net/
 

 

 

あなたは今、人生に満足していますか?

 

 

 

もしくはもっと今以上に経済的に豊かに、そして人生を冒険に満ち溢れたものにしたいと思ったことはありますか?

 

 

それとも、お金だけではない精神的な豊かさ、他者への貢献を通してもっと意義深く愛情に満ち溢れた人生を送ってみたいと感じたことはありますか?

 

 

 

一生を通し、私達を幸福で健康にするものは何でしょう?

 

 

 

名声や富?

 

 

 

確かにそう考える人はたくさんいます。

 

 

 

しかし、心理学者ロバート・ウォールディンガーに拠ると、真の幸福と満足感をもたらすものの80%以上が人との関わりであるとしています。

 

 

 

つまりは幸福、満足度をもたらすものは人である。

 

 

 

つまりは、この人間関係から逃げようとする選択は結果としてあなたを幸福、満足度から遠ざける結果になってしまうわけです。

 

 

 

もし、何か共感を感じる所がある方のみ読み進め下さい(^_^)

 

 

 

私も様々な副業を経験し、アフィリエイトで確かな実績をあげる事が出来ました。

 

 

プロフィールに書いているように、実は私の中では、対人恐怖症が私の人生の大きな障害要因になっておりました。これの克服は既に終わっております。

 

 

 

(でも対人恐怖症って案外自分の中では気づいていなかったりします。俺って人が苦手だなレベル。でも後に対人恐怖症だったのだと自覚、痛感、克服するタイミングがありました)

 

 

 

私が当時、世間一般的には優良な企業にいながら副業に目が映ったのも人とうまくやっていけない逃げからです。

 

 

 

その後、アフィリエイトで成果が上がり、起業やビジネスに可能性を感じたのは、これは逃げではなく自分の可能性を信じていたからではあります。

 

 

 

色々と模索する中で自分の道を開いてきました。

 

 

 

その後も道を模索する中で今のコンサルやコーチングと呼ばれる人との関わりを通したパーソナルセッションで人の目標達成のサポートをするお仕事をさせて頂いております(^_^)

 

 

 

もし仮に過去の私に今の私がコンサル、コーチングできるのであれば、(逃げでの)副業は勧めません。

 

 

 

 

それは、やらなければいけない。(have to)の考えだから。本来の望みとはほど遠いものです。

 

 

 

子供の頃は人が大好きでしたし、大人になってから本を読むのが大好きです。カフェが大好きです。

 

 

 

私がやりたいと考えるのは、カフェ+図書館の並立経営で憩いの場を提供しつつ、望む人にコンサルやコーチングを提供する事です。これは当時の私の中にずっとありました。

 

 

 

ならば、そこにまっしぐらに進む為の道をコンサル、コーチングします。アフィリエイトは必要ありませんので。

 

 

 

私の持論ですが、したいと思って(wont to)で、アフィリエイトをしている人っていないと思います。

 

 

 

確かに私は今のコーチングビジネスをやる前は、アフィリエイトをバリバリとやっておりました。

 

 

 

結局最終上手く行ったのが、アフィリエイトだったわけですが、結局なにが大事だったかというと最低限の情熱(モチベーション)が傾けれる市場にいるかどうかです。

 

 

 

私がアフィリエイトにおいても、月28万の成果をたたき出すまでにかなりの労力を掛けましたが、そこまで苦労した~とか、キツかった~という感覚はありません。結構コツコツ努力して成果が実るタイプの市場って私は好きなんですね。最低限の情熱があったのです。(^_^)

 

 

 

その後にやったアフィリエイトのコンサルで月80万の利益を出した時の自分の知識を人に提供して価値を作り出すというのもまたまた好きでした。これまた情熱があったのです。

 

 

 

そして、今やっている目標達成のコーチングというビジネスは自分の知識の範囲内の制限を受けるコンサル以上に無限の可能性を秘めて情熱(モチベーション)もってやっているので、私に取ってはそこで味わう苦労は苦労と感じないわけです。

 

 

 

つまり私の情熱は<アフィリエイト<コンサル、コーチングというわけです。

 

 

 

右に行けば行くほど凄く楽に成果を上げれるし、行動にストレスがありません。行動するので自然とスキルも知識も経験も高まります。

 

 

 

こうなれば、ビジネスは全て上手く行きます。(^_^)

 

 

 

つまりは(最低限の)情熱が傾けられる市場で勝負することです。

 

 

 

逆にアフィリエイトの市場があなたにとって最低限の情熱を傾けられない市場だとしたら、必ずその市場に情熱を傾けれる人がに負けます。なぜならあなたが苦労しながらやっとの事で1時間の作業をするとして、情熱がある人は平気な顔で8時間アフィリエイト作業を行えます。

 

 

 

情熱の過多で必ず成果が左右されます。そして、この情熱(モチベーション)は感情の部分です。

 

 

 

私が散々言ってますが、良くも悪くも【人間は感情の生き物】です。

 

 

 

この感情の部分を成果に結びつくようにセットアップして行かなければ、キツいだけです(-_-;)

 

 

 

つまり「行動」→「成果」or「行動」→「成果」→「感情」では上手く行かない。×
「感情」→「行動」→「成果」にしていかなければいけない。○

 

 

 

皆なにかしらその先の望む未来や、感情を得たい為にアフィリエイトをしていると思います。ただ、その為にアフィリエイトを本当に挟む必要があるのか?と言うことです。

 

 

人が自分らしく輝く仕事は、

良い結果が出て楽しい。(結果が楽しい)

とかではなく。

やっていて楽しい。(行動が楽しい)

をやりつつけることです。

 

 

 

結果論ですが私の場合は、アフィリエイトは必要ありませんでした。確かに一時的なお金、webマーケティングのスキルはつきました。それでも今の私の私の武器の99%はアフィリエイトで培ったもの以外のものです。

 

 

 

アフィリエイトで成果がバリバリ上がって今満足している方には私の声はもっと後で響くのかもしれません。

 

 

 

アフィリエイトをやったけど、成果が出ずにすぐに辞めてしまった人は私の声を聞く事もないかもしれません。

 

 

 

ただ、アフィリエイトで成果を出そうと努力している方、キツい方は今この瞬間でしっかりと考えてほしいと思います。

 

 

 

本当にアフィリエイトが自分の望む未来に繋がるのか?を。

 

 

 

仮に、この記事を読んでなにか思うところや、相談など必要であれば是非私を頼って下さい(^_^)

 

 

 

がんばるアフィリエイターさんの喜びも、辛さも全部分かりますので。

 

 

もちろん、それでもアフィリエイトで稼いで行きたいという方もいると思います。

 

 

私は自分の可能性を信じる全ての人々が望む未来を実現する為の手助けをします。

 

 

 

メールでのお問い合わせでも結構ですし、私のセッション内でもしっかりとお話しを聞くお時間は設けておりますので、是非メルマガ登録下さい(^_^)

 

 

メルマガ登録

自分の力を取り戻し、自分の人生をコントロールでき、自分と自分の身の周りの人を幸せにし、私的成功を収めて、地域社会や世の中のことを考え社会に好影響を与える人々の育成。そんな仲間をたくさん全国に増やしていきたいと思っています。(^_^)


「年収を自分で決めれる人になる方法 メルマガ登録」

私のプロフィールはコチラ

ご相談・お問い合わせはコチラ