無料オファーでネガティブアフィリエイトって今の時代危険

無料オファーのネガティブアフィリエイトって今の時代危険

 

ネガティブアフィリエイトって言われてもピンと来ないかもしれませんが、
無料オファー商品で「◯◯ 詐欺」「違法」「評判」などの検索されそうなキーワードで上位表示させて、ブログ等にその情報商品のネガティブなレビューを記載することで、LPに誘導する行為を行ったりする事です。

 

確信犯的にやっている人もいれば、悪気無くやってしまっている人もいると思います。

 

実際アクセスが集まりやすい集客手法ではありますけどね。

 

それでも最近ではこういったネガティブアフィリエイトに対しても、結構規制が入りつつあります。

 

ASP側でも典型的なネガティブアフィリエイトに対しては見つけ次第IPアドレスを辿り、徹底的に法的措置を取らせていただきます。という警告表示が書かれてします。

 

基本的な考え方として、アフィリエイト報酬とは、販売・見込客集客に対して、【御礼として、売上の一部を還元させていただくもの】です。従いまして、【明らかに、販売見込のない注文や見込客集客、違法行為や迷惑行為については、一切禁止】となっています。

 

確かに実際に法的な闘争になった場合に敗訴するかどうかは別として面倒な事にはなりたくないですよね。

 

私も最近画像の著作権侵害で訴えられそうになった事もあり、最近は色々と敏感になっています。

少し位は大丈夫でしょうが、アクセスほしさに極端なネガティブアフィリエイトをやって、ある日巨額な損害賠償請求が家に届くことがないようにほどほどにしておきましょう。

 

ネガティブアフィリエイトって今の時代危険

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す