男性管理者として女性部下は使いづらい。サラリーマンは副業しよう。

 

男性管理者として部下全員女性は最悪
部下男女比率を考えよう。

 

サラリーマン副業ラボです。

 

ちょっと過激なタイトルを選定しましたが、
サラリーマン管理職時代に率直に感じた事ですの
であしからず。笑

 

私のサラリーマン時代半年程、
部下全員女性時代がありましたが、
体感としてかなりきつかったです。

 

女性の長所も認めた上で言いますが、
『女性は縦の序列を意識せず、感情で動く。』
これが男社会の中では非常に扱いづらいのです。

 

こちらが今の状態の様に自由を謳歌している
状態でなら非常に良好な関係を築けるのですが、

 

こちらも人の子、
意に反して成果を上げることが求められている
ガチガチの会社組織の中で、女性部下のこうした
特徴はただただ面倒でしたわ。

 

当然上手くマネジメントし女性のパワーを120%発揮出来る
管理職の人もいるでしょう。
それって管理職としてのスキルの他に、女性用のマネジメント
スキルが必要です。持っている方が少ないのです(-_-;)
しまいには女性管理職も男性部下の方がやりやすいとか
言い出している始末。

 

そして、女性の中には、そういった事を理解した上
で男性管理職に配慮してくれる女性も一定数います。(半数位はいます。)
その当時は、天使のように見えましたわ(^_^)。

 

ただ、私が半年間受け持った部署は、
全員部下女性、私が途中からその部署の管理職についた
為、現場の知識は女性部下の方が上の状態。

 

私が逆の立場で有れば、3ヶ月位はある程度現場主体で
動きつつ管理職に仕事を理解して貰ってからと言う感じですが、

 

実際は初日から、
『こういう問題がありますがどうしますか?』(早く判断して下さいモード)
のオンパレード。この当時は本当に殺意を覚えましたね(笑)

 

そんな状態が続き、
結局女性部下社員とは和解できず、半年で異動。

 

良い勉強になりましたが笑

 

確立によっては、
部下全員モンスター化する確立もあるわけで、
女性比率が高い部署の男性管理職には
特別手当を当てても良いさえ思います。

 

こういった事をいうと一部の女性からは猛烈な反発
を受ける一方、男性管理者からや一部の女性管理者
からは多大な賛同を頂いたりします。

 

確かに女性は、男性に比べて相互にコミニケーション
を取り合いテキパキと要領良く働きます。

 

問題を見つけ出すのも上手いです。
ただ、問題解決能力はというとあまり得意で無く、
問題解決の部分は基本男性に話が回ってきます。

 

問題を見つけ出すのと、
問題を解決するでは
解決の方が圧倒的に労力を使います。

 

私が言いたいのは、
男性が優れているとか、女性が優れているとかでなく
長所と短所が違うのだから、
お互いを理解し合おうと言うことではあります。

 

サラリーマンこそ、一つの職業に留まらず、
いっぱい副業、復業しよう。

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す