購買力平価説を用いた逆張りFX投資方法

購買力平価説を用いたFX投資方法

 

私の大きな収益源はアフィリエイト、物販ですので、
FX投資で心がけているのはまず負けない投資です。
月100%等の大きなリターンは求めていません。

 

利益が狙えそうな時に狙うという手法です。

 

プロトレーダーのように常に利益を求められる
という環境、プレッシャーが無いが故に
FX投資の世界で確実に利益を上げて生きていけているのです。

 

私がFXで負けない投資の為に基本ベースとして使っている手法は
購買力平価と呼ばれる指標を用いたファンダメンタルズ投資方法です。

 

購買力平価とは

◆購買力平価とは、ある国である価格で買える商品が
他国ならいくらで買えるかを 表す交換レートです。
例えばある商品が日本では200円、アメリカでは2ドルで買える
とすると1ドル=100円が購買力平価だということです。

◆購買力平価には通貨の需要や、貿易の際のコストなど
購買力以外の要素もある為、必ずしも購買力=為替レート
になるわけではないが、購買力平価に沿った形で為替も推移する。

 

この購買力平価を深く知る事で、高値掴み等の無理なトレードが減り、
安定した利益を狙う事が可能になります。

 

購買力平価は株取引で言うところの株価の適正値

の購買力平価を知る事で、
ドル、豪ドル、ユーロ各通貨の現在の適正値を知る事が出来ます。

 

適正値を知る事で、
適正値から乖離している時のみにエントリーするという方法を
取る事が出来ます。

 

2007年のリーマンショックや、サブプライムローン問題で
FX個人投資家はこの購買力平価(適正値)を知らないが為に、
大きな痛手を被りました。

 

あの時は、日本の金利が低いことで、スワップ金利も貰えるし
円を売っていれば儲けれるという風潮が蔓延している時でした。

 

当時1ドル=130円を付けようかという円安でも、
その時の大方の見解としてもっともっと円安になるという
見方が多数でしたが、

リーマンショック問題が発覚し、
あっという間に為替は、1ドル=80円へ転落。

 

その時は有識者すらニュース番組で1ドル=30円まで行くなんて
話もしてた位阿鼻叫喚状態でしたが、終わってみればその後為替は
じわりじわりと上げて1ドル=100~110円に落ち着いています。

 

この1ドル=100円~110円というのは、購買力平価が差し示す値になります。
結局はリーマンショック、サブプライム問題時に為替(ドル円)に
起こった現象は購買力平価より乖離しすぎた円安のふり戻しが起こって
購買力平価に値が落ち着いたという現象に過ぎないと言う事です。

 

FXで負けない投資を行う上では、こういった購買力平価のような適正値
を知っておく事で投資の優位性を高めていく事で十分戦えると言う事を
知りました。

 

FX投資を行う上で、この購買力平価のようなデータを持っておく事で
大きなアドバンテージを得ることが出来るようなります。

 

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、
この購買力平価を集計していたり、
購買力平価から為替が現在どれ位乖離しているか、
集計してくれている無料ツールを紹介します。

 

FX投資に使える神ツールはコチラから手に入れて下さい。

パスワードはメルマガにてお知らせします。(^_^)

 

無料プレゼント

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す