フィーバー投資法の三峰勇司はやっぱりブックメーカー投資だった。

フィーバー投資法の三峰勇司はやっぱりブックメーカー投資だった。
フィーバー投資法

謳い文句がFXでも、株でも、先物でもない投資と言われていましたので、
情報の全貌を見る前からでもブックメーカー投資だと、およそ想像が着きましたが
やはりフィーバー投資法はブックメーカー投資だったようです。

以前ブックメーカー投資塾に入会した事がありましたが、本当に痛い目をみました。
その時の記事はコチラ→ http://satoshi.jpn.com/archives/1089
このブックメーカ投資については確かに高勝率は可能なのですが、高勝率を狙うと
当然配当が少なくなります。そして負ければ掛け金は全て没収になりますので、
結局儲けれるかと言ったら儲けれません。

確かに勝率99.8%(500連勝クラス)を実現できれば、間違いなく儲けれますが、
現実的に不可能でしょう。

例えばサッカーの世界でバルセロナ、レアルマドリッド、バイエルンミュンヘン、
マンチェスターUなどがホームで弱小チームと相対する時に、高勝率で勝てるというのは
予想できますが、それでも99.8%なんて勝率にはなりえません。
引き分け=負けとなりますので、勝率は良くて7割弱~8割強といった形になります。
そしてこの勝率では、配当の低さもあって稼げないのです。

フィーバー投資法はまったくお勧めできない商材と言えます。

前回私が経験したブックメーカー投資塾では入会には20万とか30万とかではなく月会費5万
とかでしたので、一ヶ月目でやめたので私はそんなに被害はなかったですが、これが30万
での入会とかだったら目も当てられません。

しかも、おそらくこういったブックメーカー投資は入会の金額を払った時点で、さらに高度
なブックメーカー予想情報を得られるクラスの選択肢が用意されさらにお金を搾り取ってきま
すのでそこは注意が必要ですよ。絶対に上位クラスを選択してはいけません。99.8%を謳って
いるのですから、仮にそれ以下の成績だったら返金を要求するくらいの気構えでいった方が良
いと思います。

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す