サラリーマン上司が正しい訳は無い!

サラリーマン上司が正しいわけが無い!

 

まずはじめに、今回の記事は、
本業がある中で、起業を志している方
上司にストレスが溜まっている方に向けた記事です。

それ以外の方は読み飛ばして下さい(笑)。

 

今回伝えたい事は、社会学の法則のピーターの法則
ついてではありません。

————————————————————–

ちなみにピーターの法則とは・・・
能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世するしたがって、
有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職に成り下がるという法則。

時が経つにつれて、人間はみな出世していく。

無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。

また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。

結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。

部下が使えない。
上司が無能。
という組織構造の原因法則の事。

—————————————————————

私が言いたいのは
サラリーマン上司が正しい訳は無い!
と言うことです。

 

起業にしろ、ブログでの情報発信にしても、
本業の会社の人間、主に上司の理解を得ることは、
場合によっては非常に困難な場合があります。

 

何かのきっかけでバチバチと火花を散らす事も
あるかもしれません。

 

そんな場合には、私は
そもそも理解を得る必要は無いと思っています。

余計な事でストレスをためる必要はありません。

 

サラリーマン起業家(もしくは起業を志す者)
決して優劣は無いのですが、まったく思想、信条が違うからです。

 

会社が会社の従業員に期待している事は、
会社の利益を上げる事だと思います。これが基本的な目的です。
その為に組織を作り、ルールマニュアルを定めているのですが、
これはあくまで手段です。

 

副業や起業に思想が傾くと、本業の仕事がおろそかになるという考え
もありますが、私はどちらかというと、起業家精神が育ち、
サラリーマンキャリアでは絶対に培えない商売目線利益勘定まで思いを
馳せれるようになり、視野が劇的に広がったと思っています。

 

本業においても会社の利益を上げる為には、
どうしたら良いのだろうと考えるようになり、
目的、成果にフォーカスするようになります。

 

対して、サラリーマン上司は、どうしても手段としての、
ルールやマニュアル、行動にフォーカスするようになります。

 

目的、成果にフォーカスする考えと
手段、行動にフォーカスする考えは、
基本的に交わりません。バチバチなります。

 

ただ、私は成果にフォーカスした方が仕事はやりやすいのですが、
行動にフォーカスする事も理解出来ます。

 

ただし、行動にフォーカスする事こそが正しいと主張してくる
サラリーマン上司がいるんです。

議論しても基本的に話は平行線で終わるんで、結局は上役の相手の
意見が採用されますが・・・。

意見を言ってもストレスが溜まるし、
言わなくても溜まるというもどかしい状態。

 

ここで必要になるのがストレスマネジメント。

 

こう考える必要があります。
サラリーマン上司が正しい訳は無い!

 

正確には
サラリーマン上司が正しい訳は無い!ですが、

 

サラリーマンと起業家。
決して優劣は無いのですが、まったく思想、信条が違うのです。
余計な事でストレスをためる必要は無いと思います。

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す