キセキ あの日のソビト ソビトとは意味は?

キセキ あの日のソビト ソビトとは意味は?

結構前から見たかった映画 「キセキ あの日のソビト」見てきました。

 

とにかく若い女性のお客さんが多かった印象です。
(映画前の暗黒女子という映画の予告で清水富美加さんがしっかり主役として
映っていたので、この映画は普通に上映されるのかな・・。)

 

言うまでもなくグリーン結成秘話、キセキという歌の誕生秘話の実話の映画
なのですが、見終わった感想としては安定の高評価!です。

音楽好き、青春映画好き、グリーン好きならお勧めです。

 

グリーンの音楽自体が所々映画に挿入されるのは想像できると思いますが、
音楽が良い映画はその全体的な評価も安定的に押し上げますね(^^♪
「君の名は」しかり。

 

内容として、厳格な父の元、兄弟がおり、

兄は人気バンドマンのボーカルでメジャーデビューを目指している。
度々父親と衝突というか、一方的にどやされる。日本法で切られそうに
なる場面も・・・。

片や弟は、親の言いつけを守り、医者を目指すが勉強の成績は今一つで
医師大学に落ちる。

これが【起承転結】における【起・承】の部分ですが、

【転】の部分で、実は兄よりも弟の方に音楽の才能があったという事が判明。
兄が父親に対して噛みついた場面「あいつは音楽をやるために生まれてきた!」
が印象的なセリフです。
兄の葛藤や、医者を目指している、父に反対されるが故の弟の葛藤が描かれます。

 

【結】の部分に言えば、実話ですので・・・大成功するのはわかっているのですが|д゚)

兄のセリフの
「人にはやりたい事を叶える意外にも、天から与えられた役割があるのかもな」が印象的な
セリフで、影としての兄、光としての弟のコントラストがこの映画の面白さだと思います。

 

あの日のソビトの。ソビトはどんな意味なのかちょっと気になったのですが、
素人の事を指しているのかと思いきや、空人(ソラビト、ソビト)という漢字表記で、
自由な人、自由を目指す人を指しているとの事です。グリーンによる造語?との事。

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す