情報 GIVE、GIVE乞食にならないように!

GIVE、GIVE乞食にならないように!
give

最近私の身に起きたことですが、
ブログを運営しているのは情報提供+自分にもメリットが
あるからで、win-winの関係を築く上で行っている社会活動
の一環です。

 

しかし、ブログにコメントいただく人の中には、
たまに「これやって!」「あれやって!」のGIVE、GIVE乞食の方がいます。

 

私が運営する他のブログの話なのですが、

 

私はある情報商材を実践しておりまして、
その実践記を情報公開をしておりました。

 

同じくその情報商材の実践者さんも
結構数ブログを拝見していただいておりましたが、
その中の一人が情報商材の塾生間で連絡を取り合
いたいので、協力してくれませんか?

 

という連絡があり、メールアドレスを知っている
塾生を紹介し、メールアドレスまで共有したのですが、
「塾生にこの話をしてくれませんか」や
「他の塾生はカリキュラムの進捗はどうでしょうか?
確認してくれませんか?」等、
私に確認をさせようとしてきます。

 

せっかく紹介およびメールアドレスを教えたので、
直接一斉メールをして下さいとお願いしても、
一切変化なしなので、この方の問い合わせは
スルーすることにしました。

 

皆さんも、GIVE、GIVE乞食にならないように!
Win-winの関係を意識して、情報のやりとりをしましょう。

 

ただ、なにかをやってあげるという行為で、
やってあげた側がやってもらう方に好意を
寄せるという心理学があるようですが、
これは好意があるからやってあげるという行動と、
やってあげたから好意があるという心理が
ごっちゃになる心理学のようです。

 

が、今回の出来事では嫌悪感しか
覚えませんでした。

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す