悪徳情報商材返金要請について①

悪徳

悪徳情報商材返金要請について①
もしかしたらこのシリーズ長編になるかもしれない(-_-;)

最近(6月中旬)私はとある情報商材を購入しました。
そして、その商材を実践していくなかで、
その情報商材が詐欺レベルに粗悪なものでは
ないのかと言う所に現在行き着きつつあります。

まだ十分な実践期間を取れているわけではないですが、
すでに一ケ月半です。
稼げる感触が無い、サポートが劣悪とかなり詐欺的です。

 

で・・・返金要求を考えております。

 

一応返金訴求のポイントとしては販売ページで用いられている
数字がポイントだと思っております。

「絶対稼げる!」とかの抽象的な表現ではなく、
「初月10万」とか、「月収100万保証」とか
そういった数字を用いている箇所をピックアップして、
現状と、販売ページとのギャップを突き、
まずは、自分で返金要求をしてみる。

それでダメなら、色々と情報を集めて、以下の弁護士
サイトへの訴えを考えております。

 

地方の弁護士事務所とかではなく、情報商材に特化した
弁護士サイトを一応色々と調べまして、以下の2つの
弁護士サイトが信頼できると思っています。

 

小屋敷総合法律事務所
http://koyashiki-lawoffice-henkin.com/
無題

 

有限責任事業組合日本消費者サポート
http://jcs-llp.jp/form/
無題d

弁護士さんの場合、相見積もりとか出来るのかわかりませんが、
相談は無料のようなので、どちらにも話を持ちかけようかと思っ
ております。

一応他の人のブログで紹介されていたのは、下の
有限責任事業組合日本消費者サポートのサイトでした。
が、この弁護士事務所が詐欺なんて事はないよな(>_<)
疑心暗鬼。。

どなたかこの弁護士事務所情報をお持ちでしたら、
連絡お待ちしております。(^_^)

記事に関する質問や疑問点があれば、コチラで受け付けていますので、気軽にお問い合わせくださいね!

100万年に一度の大型無料オファー案件始動!

コメントを残す